Skyconnect
HOME  >> 利用規約

株式会社テクノ・コアは「Skyconnect関連商品」をお使いになる全てのお客様に安定したサービスをご提供させていただくため、以下の利用規約を設けております。本規約を必ずお読みになり、ご同意された上で当社商品をご利用下さい。

 利用規約


第1条(利用規約)

本利用規約は、利用者(以下、「甲」といいます。)が株式会社テクノ・コア(以下、「乙」といいます。)の提供する「スカイコネクトサービス及び個別サービス」(以下「本サービス」といいます)の利用に関わる一切に適用されます。乙が甲に通知する本サービスの説明、案内、利用上の注意等(以下「説明等」といいます)は名目の如何に関わらず、本利用規約の一部を構成するものとします。乙は甲の了承を得ることなく、本利用規約を随時変更することが出来るものとします。変更後の本利用規約は、乙が本サービスのホームページ上に掲載することにより、甲に通知した時点より効力を生ずるものとします。


第2条(個別規約)

個別に提供されるサービス毎の規約(以下、「個別規約」といいます)は、各個別のサービス正式申込書に定める通りとします。個別規約は、本利用規約と一体となって効力を生ずるものとします。利用規約と個別規約に異なる内容の記述がある場合、個別規約が優先するものとします。又、乙は甲の了承を得ることなく個別規約を随時変更することが出来るものとします。変更後の個別規約は、乙が個別サービスのホームページ上に掲載した後、甲に通知した時点から効力を生ずるものとします。


第3条(利用契約の成立)

本利用規約を内容とする本サービスに関する甲乙間の利用契約(以下「利用契約」といいます)は、乙が甲から本サービスの利用正式申込を受け、乙がこれを承諾した時に成立するものとします。


第4条(本サービスの利用)

乙が利用申込みを承認した際は、甲に対し、本サービスの利用及び管理に使用するID及びパスワードを付与するものとします。甲は、自己に付与されたID及びパスワードの運用・管理に一切の責任を負うものとします。当該ID及びパスワードにより認証された本サービスの利用は、全て甲による利用とみなします。甲は本サービスの利用に関わる費用の一切(設備・機器、ソフトウエア等の開発・使用に要する費用や初期導入費用・設定費用、物品購入費用、電気通信回線利用料金を含みます)を負担します。


第5条(利用目的)

甲は、本サービスを自己の営業行為に利用することが出来るものとします。


第6条(メンテナンス等による休止)

乙は、本サービスを継続的に維持管理を行うため休止(メンテナンス休止)をする場合があります。日時・期間は本サービスのホームページに記載して告知します。但し、緊急を要する場合においてはこの限りではありません。


第7条(料金の請求・支払い)

甲は、本サービスの利用料金(VPNや業務アプリケーション等のプログラムの利用料金、新規購入料金等を含む)、あるいは物品の購入料金として、各月請求情報に記載の金額を預金口座振替で乙に支払うものとします。乙は、利用契約存続中の毎月末日をもって当月分の利用料金を締め、甲にメールにて口座振替を行う請求内容のお知らせを交付します。甲は、締めの対象となった月の翌月13日に、当該料金の全額を乙に預金口座自動振替で支払うものとします。但し、甲と乙との間に決済条件について別途の合意がある場合は、その合意内容が優先するものとします。


第8条(例外的請求)

乙は第7条に該当する預金口座自動振替での引落しが出来ない場合、甲に対し利用料金等を請求書にて請求する場合があります。この時、甲は請求書に記載の支払期日までに指定口座への振込みを完了するものとします。この際の振込み手数料は甲の負担とします。


第9条(支払いの遅延)

甲の預金口座において所定引落日、又は、支払期日までに何らかの理由で第7条・第8条に該当する支払い(以下該当の支払いいといいます)がなされなかった場合、甲は乙に連絡の上、至急に別途指定口座へ振込を行うものとします。該当の支払いが遅延した場合で、かつ、甲からの振込による支払いが無かった場合には、甲は次回以降の13日又は28日の預金口座自動振替日に追加発生分の請求額との合計額を自動振替します。この場合、第10条の規定により遅延利息が加算されます。甲よりの何の連絡もなく遅延が継続した場合、乙は一定期間の経過後からの本サービスの利用を制限します。遅延理由の提示があった場合、乙はその事情を考慮した上で一定期間本サービスの利用の制限を延伸することがあります。甲の支払遅延による累積債務が一定の額を超えた場合、乙は提供中の全サービスを停止します。本サービスの利用により作成されたデータ等がある場合、その全てを消去します。


第10条(延滞利息)

甲が本サービスへの利用料金・その他の債務の支払いを支払期日を過ぎてもなお履行しない場合、甲は支払期日の翌日から支払いの日の前日までの日数に年14.6%の割合で計算される金額を延滞利息として、利用料金を含むその他の債務と併せて、乙が指定した日までに現金または振込みにて一括して支払うものとします。前項の支払いに必要な振込手数料その他の費用は、全て甲の負担とします。


第11条(禁止事項)

甲は、乙が本サービスの円滑な提供の為に出す必要な指示に従うものとします。甲は、本サービスに用いる乙の設備(通信設備、通信回線、電子計算機、その他の機器及びソフトウエアを言います)に無権限でアクセスし、又はその利用若しくは運営に支障を与える行為(支障を与えるおそれのある行為を含みます)をしないものとします。甲が第1項の指示に従わない場合、又は、前項に該当する行為を行ったと乙が判断した場合、乙は甲に事前に通知することなく、甲による本サービスの利用を一時的に制限することが出来るものとします。乙が前項の措置を講じたことにより、甲が本サービスを利用出来ず、これにより損害が発生したとしても、乙は一切の責任を負いません。


第12条(責任の制限等)

本サービスの各機能は、提供時点において乙が提供可能なものとします。本サービスが甲の特定の目的に適合すること、期待する機能を有すること、期待する成果を実現すること、不具合を起こさないこと及び利用結果を含め、乙は甲に対し、本サービスに関する何らの保証も行うものではありません。乙は本サービスの利用に伴い、甲又は第三者のデータ等の消失若しくは破損等が生じた場合であっても、その理由の如何を問わず一切の責任を負うものではありません。


第13条(甲からの解約)

甲が利用契約を解約する場合は、甲は解約を希望する月の前月末日迄に乙が指定する方法で書面に必要事項を記載し、乙に送付するものとします。


第14条(乙からの解約)

甲が次のいずれか一つにでも該当する場合、乙は利用契約を解約することが出来るものとします。

@ 甲の所属する組織の代表者より、甲の意向に係わらずシステム利用の解約の申し出があった時。

A 暴力団、暴力団員、暴力団関係、総会屋、社会活動標榜ゴロ、特殊知能暴力集団若しくはそれらの関係者(以下、総じて「反社会的勢力」といいます。)に該当し、又は、反社会的勢力との取引若しくは人的・資金的関係があると乙が判断した時。

B 自ら又は反社会的勢力を利用して、乙に対して詐術、暴力的行為又は脅迫的言辞を用いた時。

C 甲が前項各号に該当したことにより乙が損害を被った場合、利用契約の解約の有無に関わらず、乙は甲に対し被った損害の賠償を請求することが出来るものとします。


本条に基づく利用契約の解約により甲に損害が生じた場合でも、乙はいかなる責任も負わないものとします。


第15条(利用契約終了後の措置等)

解約その他の事由により利用契約が終了した後、乙は本サービスの利用により、甲によってサーバー等に格納されたデータや設定等がある場合、その全てを消去します。


第16条(本サービスの停止等)

乙は、本サービスの提供を終了する時は、甲に対し事前に通知するものとします。但し、緊急を要する場合においてはこの限りではありません。前項の通知は、本サービスのホームページ上に表示することにより行うものとし、表示後1か月経過した時点で全てのユーザー(甲を含む利用者)に通知したとみなすものとします。乙は理由の如何を問わず、第1項の通知を行うことにより本サービスの終了により甲が被った被害について一切免責されるものとします。


付則

本利用規約は、2012年01月01日より効力を有するものとします。
該当のサービスが個別規約を規定する場合、個別規約も利用規約の一部として機能します。

 

個別規約

スカイコネクトVPN 個別規約