skyconnect
 HOME  >> 商品紹介  >> 導入可能OSと詳細仕様について

導入可能なOSと詳細仕様

導入可能なOS


接続形態 対応可能OS




VPN Client Module
Intel×86(32 bit)
  Windows XP SP2,SP3
  Windows Server 2003 SP2
  Windows Storage Server 2003 SP2
  Windows Vista SP1,SP2
  Windows Server 2008 SP1,SP2
  Windows Storage Server 2008 SP1,SP2
  Windows 7
  Windows Server 2008 R2
VPN Client Module
Intel×64/AMD64(64 bit)
  Windows XP ×64 SP2,SP3
  Windows Server 2003 ×64 SP2
  Windows Storage Server 2003 ×64 SP2
  Windows Vista SP1,SP2
  Windows Server 2008 SP1,SP2
  Windows Storage Server 2008 SP1,SP2
  Windows Hyper-V Server 2008
  Windows 7
  Windows Server 2008 R2
L
A
N


VPN Bridge Module
Intel×86(32 bit)
  Windows XP SP2,SP3
  Windows Server 2003 SP2
  Windows Storage Server 2003 SP2
  Windows Vista SP1,SP2
  Windows Server 2008 SP1,SP2
  Windows Storage Server 2008 SP1,SP2
  Windows 7
  Windows Surver 2008 R2
VPN Bridge Module
Intel×64/AMD64(64 bit)
  Windows XP ×64 SP2,SP3
  Windows Server 2003 ×64 SP2
  Windows Storage Server 2003 ×64 SP2
  Windows Vista SP1,SP2
  Windows Server 2008 SP1,SP2
  Windows Storage Server 2008 SP1,SP2
  Windows Hyper-V Server 2008
  Windows 7
  Windows Server 2008 R2

詳細仕様


詳 細 仕 様
※ 機能の改良・改善のため、必要に応じて変更する場合がございます。
 使 用 回 線  インターネット接続可能な回線
 固定IPの要否  不 要
 接続スピード  ベストエフォート(回線側に依存する)
 レイヤ2接続  可能(広域イーサネット接続)
 レイヤ3接続  可能(ルータによるLAN間接続と同じ)
 LAN間ルーティング  可能(ルーティングテーブル・フィルター設定可能)



 LAN・LAN間(*1)  VPN Bridgeソフトを導入
 LAN・端末間  LAN側は*1と同じ、端末側はVPN Client ソフト導入
 端末・端末間  端末にはVPN Clientソフト導入
 クラウド・LAN間  クラウド側はVPN Clientソフト導入、LAN側は*1と同じ
 クラウド・端末間  クラウド側はVPN Clientソフト、端末側もVPN Clientソフト導入
 接続トポロジー  ハブ・スポーク型
 通信プロトコル
 (高レイヤ)
 SSL バージョン3.0(Secure Socket Layer)
 TLS バージョン1.0
 通信プロトコル  TCP/IP
 ポート番号  443、992、8888  (固定)
 暗号化  RC4-MD5
 データ圧縮  ストリーム型データ圧縮(必要時に設定)
 セッション・キー  128bit
 ユーザ認証  標準パスワードを使用した認証
 サーバー認証  X.509証明書とRSA秘密鍵ファイルを使用した認証
 カプセル化対象  Ethernet(IEEE802.3)フレーム