skyconnect
HOME >>商品紹介 >>システムの特徴について

システムの特徴について

  当社パッケージシステムは、「多店舗展開されているギフト店」の「本部」及び「店舗系業務」を最新のシステム技術を駆使し、「チェーンストアオペレーション」を効率的に行い、短時間で効果を発揮するために考案・設計された「業務用システム」です。
ギフト業態が抱えるお悩みを解決致します。

ギフト業態が抱えるお悩みの具体例


  ・店舗での販売動向を本部で集約できない。
→売上等の動向がリアルタイムでチェックできない。

・店舗の運用が各店舗毎でバラバラである。
→どこの店でも同一のサービスを受けられない。

・各店舗毎の損益の把握が正確且つタイムリーに行えない。
→利益はその時点・瞬間に把握できなければ迅速なサービスや対応・対策が講じれない。

・本部からの指示・伝達がどの程度遵守されているのか、分からない。
→販売店毎の可視化が容易でなく、内部的な不正を防げない。

・売れ筋情報を商品部のバイング(購買)に生かせない。
→利益最大化行動が即座に行えない。

・店舗での商品管理が煩雑である。
→商品毎による割り振りが行えないことにより、管理動向の認識ができない。

・単品管理ができていないので、MD政策(商品政策等)に直結できない。
→顧客の希求する需要内容を正確かつ敏速にとらえ、顧客満足(CS)を実現するような製品の量、質、価格、供給時期、供給方法を計画が行えない。

店舗数が一定の規模に達すると、経営者や少数の核となる管理者だけでは、全店を十分に掌握できなくなります。(県を跨ぐ問題点や店舗間の距離の問題)それ以降の出店に伴い急速に管理レベルが低下し、初期の店舗数の時期には考えられないような収益の悪化(管理が出来ていないために売り出す機会を失している)や売上は維持出来ていても、外部の大きな変化(リーマンショック等)により、対応できない状況に陥り、少数店舗では小回りを効かせ対応出来る様な経済的変化にも対応が困難となる状況が生じます。
このような状況の打開には、先進企業の成功の先例に習い、以下の様な要件を満足する必要性があります。
以下に掲げる「チェーンストア成立の要件」はシステムから見た成功の要因であり、弊社システムはこれを満足させるための機能を最大限ご提供させて頂きます。

チェーンストア成立の要件

A. 本部統制

(1)本部政策

1.商品(MD)政策
2.売価政策
3.集中仕入体制
4.標準欄割・フェーシング
5.販売計画・販促計画
6.カタログ制作
7.商品開発
8.在庫処分計画

  (2)店舗管理

1.予算・実績管理
2.販売動向分析
3.発注管理
4.商品管理
5.ワークスケジュール
6.在庫管理・ロス管理

B. フォーマット化
(1)店舗レイアウト・ゾーニング
(2)ワークスケジュール(作業スケジュール)・ワークフロー(作業手順)
(3)標準棚割
(4)要員教育(マニュアル運用・しつけ)
(5)サプライ補充体制
(6)仕入検収・支払方法
(7)指示・報告・連絡・相談
(8)店舗のクリーンネス(清掃・整理・整頓)

C. ローコスト・オペレーション
各店舗の作業を本部に集約すれば、各店舗の作業負荷は軽減されますが、本部側作業は店舗数の増大に比例(場合によってはそれ以上)してコストも増大します。このコスト増大は、企業収益を圧迫すると同時に、出店に伴う利益計画を不透明にする要因ともなります。
この要因を回避するには、店舗側作業は極力店舗側で完結する発想や、本部側の作業量は店舗数に比例させない様に「量から質への転換」で対応できる仕組みが必要となります。
これらの対策の1つとしまして、時として変動する個人の能力・資質に依存することのない、組織の仕組みとしての教育体制や運用体制を敷き、パート・アルバイト従業員を適材適所に配置することにより、空き時間のない店舗側のワークスケジュールが整備され、効率的且つ最大限のパフォーマンスを実現致します。

弊社システムは、「多店舗展開をされているギフト店」の「本部系業務」及び「店舗系業務」を最新のシステム技術を駆使し、「チェーンストアオペレーション」を効率的に行い、短時間で効果を最大化するために開発されたシステムです。

詳細
(1)商品の単品管理による販売ロス・仕入ロス・在庫ロスの撲滅推進
(2)管理評価システム適正化に伴う社員の努力評価と意識(モラル)の向上
(3)発注の自動化(補充発注システム等)・・・人の判断・経験を極力必要としない仕組み作り
(4)仕入検収ベースの支払・・・・・・・・・・・・・検収精度の向上によるシビアな支払
(5)定型パターン業務の自動化による店舗業務の効率化・標準化
(6)月末・半期末・期末等の大量処理(棚卸し等)のシステム化による省電力化・効率化