skyconnect
HOME >>商品紹介 >>システム内容について >>受注・手配機能

発注・手配機能

単品管理商品の発注

以下のデータを集約して、発注処理を行います。

1.売上データと連動し、「売上手配入力処理」で発注の必要な商品の数量及び納期等の指定項目の入力を行い、発注データを完成させます。

2.店頭在庫の不足分や、新規発注に必要な商品の商品バーコードを、「ハンディーターミナル」のスキャナーで読み取り、発注数を入力することにより、発注データを完成させます。 (DR(ダイレクト)発注)

3.事前設定しておいた基準在庫に満たないと思われる商品のバーコードを、「ハンディーターミナル」のスキャナーで読み取り、在庫数を入力し、発注数の自動算出を行い、発注データを完成させます。(「自動発注システム」)
                                                                     
発注データは、「発注確認表」に集約され、「発注先別」「商品分類(部門)別」に取り決められたルールに従って、「発注コントロール」※1が行われます。
                                                                     
発注データは「発注確認画面」に表示され、確認後OKの指示が出力されれば自動発注処理が定時(1日3回)にFAX等による自動発注を行います。発注結果は各店舗に「発注確認表」としてFAXされます。

・ 発注データは発注先への、「FAXによる自動発注」と、「メールによる自動発注」の2系統が可能です。

・ 発注データは、「発注No.」により個別管理されており、仕入検収と連動して入荷・支払データに連動しております。

・ 物流センターを持たないシステムの場合、店舗発注→ダイレクト店舗入荷を原則としております。
  (1店舗集中入荷→各店へ店間移動の場合は手動でのみ行えます。)

※1「発注コントロール」:発注先との商談で取り決めされている「最低数量」や「最低金額」等の制約が満足されない発注データに対し、条件が満足されるまでの間ストップを掛け、警告等を出す仕組みです。


未登録商品の発注

未登録商品(B商品)は、一時商品専用の登録である「B商品登録」をすることにより、通常登録商品と同様、FAX・メール発注が行えます。