HOME >> テクノコアが目指すもの

中小・中堅企業の皆様と共にテクノ・コアが目指すもの

お客様と共に永続的発展するための理念

◎1992年に設立した株式会社テクノ・コアでは、中小・中堅企業様向けに専門特化した基幹系システムの開発・販売・教育・保守サポートを行っております。日本国内全企業数の99.7%(従業員比で70%)を占める中小・中堅企業様を活性化し、より本来の業務に専念出来る環境を「皆様の日常性」の中に求め、日々改良・改善を施したシステムのご提案・ご提供をさせて頂いております。
世界中の企業の中で、100年以上も続く老舗企業数は日本が一番多いと言います。創業者の先祖は近江商人発祥の地でもある近江地方の出身であり、その教えの中に「売り手よし、買い手よし、世間よし」の「三方よし」の考え方があります。顧客の役に立ち、顧客の先の世間様の役にも立つことが、自分も良くなる秘訣であるとの教えです。
利他の心を経営理念の念頭に据え、システムを通じてお客様のお役に立つ仕組みをご提供させていただくことにより、お客様の先にある社会への貢献にも繋がることが当社の目指す所です。

お客様と共に永続的発展する業務体制

◎当社はお客様とのパートナーシップを実現する「しくみ」作りを第一に考えております。お客様が実現したい仕組みをお客様と共に考え、アイデアをご提案し、システム構築させていただきます。小売業、卸し業、商社関連、工事業・製造業関連、銀行業務系での外為業務等、様々な基幹系・情報系システムの構築ノウハウを活かし、お客様が運用に当たり直面する多様で困難な課題を共に考え、共に解決致します。そのための努力は惜しみません。相互の信頼を高め、共働することで未来を切り開きます。私共は「システムの公共化」への志を抱き、「お客様と共に永続的に発展」できる業務体制の実践・実現を誓います。

 

システム共有化によるコスト低減

◎「専有」することより「共有」を選ぶことにより、多くのメリットを享受できます。そのためには運用において最も多用する「社員コード」や「商品コード」「店舗・部署コード」「仕入先コード」等のコード体系を標準化し、多くの企業がシステムを共有する事で開発コストを割振りますので、安価なコストでご利用いただけます。

企業の独自性・優位性をシステム化する方法

◎ほとんどの業務は他社の優れた仕組みを流用した方がコストパフォーマンスに優れているが、どうしてもある部分だけは、費用に係わらず企業の独自性他社優位性をシステム化し、他社との差別化を図りたい場合がございます。